せどりで人生破滅しないために!!せどりで遭遇する39の「人や社会とのトラブル」事例と対策法を紹介!

せどりは守りの姿勢も必要

この商品ページをご覧になられているみなさんは、せどりで「仕入れて売る」という観点で書かれた教材を、いくつかご覧になられたことでしょう。
ですが、せどりには、「守り」の姿勢も重要になってきます。

せどりにおける「守り」とは?

「守り」とは、せどりで遭遇する可能性があるトラブル事例と解決策を知り、自分はこのようなトラブルに巻き込まれないようにすることです。
あるいは、トラブルに巻き込まれても、それに対処する力を持つことも、「守り」に含まれます。

どんな脅威があるのか

まず、どんな脅威から「守る」のか、についてお話します。
脅威は、様々なものがあります。
本教材には、せどりにおける「脅威」が、ある程度網羅して紹介されています。
ここでは、簡単に「脅威」の一例を紹介します。

クレカ払いでせどりをして人生破滅する脅威

みなさんは、クレジットカード払いでせどりをされていませんよね?
数多くのせどらーが、このやり方を推奨していますが、このやり方で失敗すると、人生破滅する可能性が高いです。



そもそも、このやり方は、Amazonから入金されるタイミングが一定であることを見込んだものになっています。
また、Amazonから必ず、実績通りの金額が入金されることを前提としているものになっています。
しかし、Amazonから入金されるタイミングは一定ではありませんし、実績通りの金額が入金されるとは限りません。
事実、教材で紹介する事例の中で、入金遅延が発生した事例や、Amazonが振り込み金額を間違えた事例が紹介されています。



もし、クレカ払いでせどりをやっていて、このようなことが起こったら、クレカの支払いが滞ります。



そうなると、一体どんな制裁が加えられるのでしょうか?
それにつきましては、本教材で紹介する事例の一つ「事例~その5~ クレジットカード払いでの商売に失敗すると、どう破滅していくのかを説明」をご覧になると、明らかになります。



取り敢えず、ここで申し上げたいことは、クレカ払いでせどりをするのは止めましょう、ということです。
皆さん、ご注意を。

Amazonの入金額を抜き取られる脅威

Amazonセラーセントラルは、セキュリティが厳重ですので、他人があなたのアカウントにアクセスすることは出来ません。
ですが、「ある手法」を用いると、不正ログイン出来てしまいます。
この「ある手法」ですが、みなさんの身近に溢れている、ごく簡単なものです。
本教材では、実際に不正ログインされて、銀行口座番号を書き換えられて、Amazonからの振込額を騙し取られそうになった事例を紹介しています。

治療費を請求される脅威

売るものによっては、購入者が怪我をする可能性もあります。
包丁やナイフなどでしたら、イメージが湧くかもしれませんね。



ですが、我々には想像もつかない意外なもので、購入者が大怪我をすることもあります。
その場合、知らなかったでは済まされません。



購入者が怪我をした場合は、まずはAmazonテクニカルサポートに通報します。
そして、Amazonテクニカルサポートは、我々に書類の提出を求めます。
その書類に不備があると、我々はAmazonで商売が出来なくなる可能性があります。
Amazonテクニカルサポートへの対応が適切だったとしても、残念ながら治療費は我々持ちになります。



購入者から治療費を請求された場合、どう対応するか?
購入者から治療費を請求されるような意外な商品とは、一体何か?
それは、本教材をご覧になられると、明らかになります。



本教材の内容

本教材の内容を紹介します。
以下の39の事例についての内容と、対策法や対処法が記載されています。
39の事例を、一覧にまとめて紹介します。

・事例~その1~ コンサル料54万円のせどりコンサルを辞めようとして主催者から脅された事例と対策法

・事例~その2~ 186,000円のせどり塾に入会して途中退会不可で強制徴収された事例と中途解約する方法

・事例~その3~ 他人を当てにして金をカモられた私の経験。それをバネにしてせどりで年商5,670万円に!

・事例~その4~ せどり仕入れツアーは仕組み上儲からない。しかも開催すると参加者に訴えられる危険がある

・事例~その5~ クレジットカード払いでの商売に失敗すると、どう破滅していくのかを説明

・事例~その6~ Amazonでは入金遅延が発生することがある。クレカ払いで商売しているせどらーはアウト

・事例~その7~ せどりでちょっと稼いで勘違いして高級外車を買うと破滅する証拠

・事例~その8~ せどり運搬車の自動車任意保険をケチると億単位の莫大な借金をする可能性がある証拠

・事例~その9~ せどり運搬車のドラレコをケチったせいで自動車事故の相手方から莫大な額のお金を騙し取られる可能性を紹介

・事例~その10~ 古物商の免許を取得しないでせどりをすると逮捕される?

・事例~その11~ 価格改定ツールを使ったら破産する可能性がある証拠

・事例~その12~ Amazon出品代行業者を使うと10万円近くのお金を失って商売できなくなる証拠を紹介

・事例~その13~ 営業妨害対策・副業せどらーのためにバーチャルオフィスを使おう

・事例~その14~ 不正ログインされ振り込み銀行口座番号を不正変更されて破産する可能性を紹介

・事例~その15~ FBAで出品して135,000円損する可能性と対策法を紹介

・事例~その16~ FBAパートナーキャリアを使うと販売機会を逃す可能性と対策法を紹介

・事例~その17~ 商品レビュアーのせいで売上が激減する可能性と対策法を紹介

・事例~その18~ ある方法を駆使して強制的に出品停止に出来てしまう手法を紹介

・事例~その19~ 同業者から営業妨害・脅迫をされた事例と対処法を紹介

・事例~その20~ 購入者が嘘つきの泥棒であった場合の対処法を紹介

・事例~その21~ Amazonの銀行振込のタイミングが異なる証拠。クレカ払いで商売している人は要注意!

・事例~その22~ トレーディングカードの落とし穴と対策法を紹介

・事例~その23~ 追跡番号が無い商品は諦めるしか無い事実を紹介

・事例~その24~ 購入者からイジメ(営業妨害)を受けた事例と対処法を紹介

・事例~その25~ Amazonの振込額は正確ではない事実と対策法を紹介

・事例~その26~ 価格改定をしたせいで購入者から脅迫された事例と対策法

・事例~その27~ 商品説明文丸パクリ事件と対処法を紹介

・事例~その28~ 購入者にお礼を書いた紙を送ると犯罪に!?

・事例~その29~ FBAマルチチャネルサービスで購入者とトラブルになる証拠と対策法を紹介

・事例~その30~ 商品カタログがマージされて売れ行きが激減する!?

・事例~その31~ 輸入品の種類の違いを知らずに出品して訴えられた事例と対策法

・事例~その32~ 138,000円の商品がFBAのせいでダメになった事例と希望が持てる対処法

・事例~その33~ Amazonの障害で振込されなかった事例と対処法

・事例~その34~ 納品書を送って犯罪になる可能性がある証拠と対策法

・事例~その35~ 中国輸入のレーザーポインターを売って商売が出来なくなる証拠と対策法

・事例~その36~ 食品を出品する際の落とし穴と対策法を紹介

・事例~その37~ 代引決済で発生する「あの被害」への対策法を紹介

・事例~その38~ 購入者から治療費を請求された事例と対処法を紹介

・事例~その39~ Amazonで出品制限がかかった場合の抜け道を紹介
これらの事例を知ることで、せどりで遭遇するトラブルに、ある程度は対処できるようになるはずです。



>>>>せどりで人生破滅しないために!!せどりで遭遇する39の「人や社会とのトラブル」事例と対策法を紹介!










[PR]
by kn19870827 | 2017-06-19 12:51